Sauter Pianos  
  Sauter Company  
  Design and Technique  
  Maintenance  
  News & Events  
 
   




  材木 音色を決定付ける基盤。  
  おや【本体】 土台となる枠組み  
  駒 振動エネルギーの仲介者  
  響板 ピアノの魂  
  プレミアムの音響材 M−Line ピアノのためのフィーメの谷からの響板材  
  駒圧 弦の圧力  
  棚板 ピアノを弾く喜びが長く続くために  
  鉄骨 ダイナミックな音質を支えるために  
  弦 優秀な金属からできた響きを生み出すための材料  
  弦設計 美しい響きのための基準  
  アクション ピアノの鼓動  
  整音 ピアノに生命を吹き込みます  
  ダブルレピティション グランドピアノのタッチ  

プレミアムの音響材 M-Line ピアノのためのフィーメの谷からの響板材(Premium- Tonholz)

M-Line ピアノのための響板材は北イタリアの南チロル地方、フィーメの谷で成育したトウヒ材を使用しています。このトウヒ材は特に均等に細かく詰んだ木目を持つことで知られ、それゆえにイタリアのヴァイオリン製作者に、特にストラリヴァリ家から好んで使われました。この高価な響板材は、限定された量だけ入手可能です。

  Home  
 
  Imprint  
 
  Search  
 
  Sitemap  
 
  Newsletter  
 
  Contact