Sauter Pianos  
  Sauter Company  
  Design and Technique  
  Maintenance  
  News & Events  
 
   




  材木 音色を決定付ける基盤。  
  おや【本体】 土台となる枠組み  
  駒 振動エネルギーの仲介者  
  響板 ピアノの魂  
  プレミアムの音響材 M−Line ピアノのためのフィーメの谷からの響板材  
  駒圧 弦の圧力  
  棚板 ピアノを弾く喜びが長く続くために  
  鉄骨 ダイナミックな音質を支えるために  
  弦 優秀な金属からできた響きを生み出すための材料  
  弦設計 美しい響きのための基準  
  アクション ピアノの鼓動  
  整音 ピアノに生命を吹き込みます  
  ダブルレピティション グランドピアノのタッチ  

響板 ピアノの魂

8ミリの厚さのドイツ中山岳地帯で生育したトウヒ材から製材され張り合わされた響板は、むくりをつけられ緊張感を与えられた状態でおやの上に貼り付けられます。弦振動は駒を通り響板に伝達され、増幅されて、ピアノの音を発生します。響板の裏側には、響棒が接着されています。響棒は個々に違った太さを持ち、響板のむくりを裏側から支えています。

Sauter Resonanzboden Vollbild Sauter Resonanzboden
Sauter Resonanzboden
 

  Home  
 
  Imprint  
 
  Search  
 
  Sitemap  
 
  Newsletter  
 
  Contact